急な医療費のため、カードローンで借入しました。(男性/20代)

男性/20代

就職して間もない私は、自分が生活するので精一杯です。

少ない収入で母親の生活の面倒も見ているため、常に不安でいっぱいでした。
そんな中、母親がケガをしてしまい、急きょ治療費が必要になったんです。

毎月ギリギリの生活費で過ごしているため、緊急時の出費に対応するだけの余裕もなく、途方に暮れていました。

それでも何とか初日の治療費は間に合いましたが、所持金のほとんどを失ってしまいました。

翌日以降も通院が必要であり、生活費の当てもないので、
困り果てた私はすぐにお金を借りれる方法を探してみました。

すると、最短即日の審査ができる消費者金融のカードローンを見つけて、早速申し込んでみたんです。

そして、無事に審査を通過して、給料日までの生活費と治療費を確保することができました。

私の場合は必要なお金が少額だったことが幸いしたのでしょう。おかげで、保証人や担保なしで借入することができました。

なお、勤めて間もない立場であるため、勤続年数が審査に影響することも心配していたのですが、
借入希望額が50万円に満たない金額だったため、源泉徴収票のような収入を証明する書類は不要でした。

審査に通った後は銀行振込で受け取れますが、私はすぐにでもお金が必要でしたので、
消費者金融の店舗でカードを発行して、隣接するATMで引き出しました。

金利はやや高めでしたが、一時的な費用の確保にはカードローンは最適ですね。

人気のカードローンはこちら